SponsoredLink

ヘアワクッスの基本的な使い方

まずは、ヘアワクッスの基本的な使い方を、例を用いて説明しようと思います。


女性の場合だと、後れ毛が気になる時があるかと思います。
髪の毛ののばし中で束ねることができなかったり、後ろの方は束ねることができても、サイドが届かなかったりして。
そんな時にヘアワクッスはオススメです。


使うヘアワクッスはソフト系がいいでしょう。
まず、髪を結ぶ前に、人差し指でとれるくらいの量を、両方の手のひらでのばします。
次に、両手でサイドと後ろの方から髪を持ち上げると、キレイに仕上がります。
束ね終わった後、髪の先にもなじませてやると良いと思います。
(髪の先は、痛みがひどいとパザパサになるので、油分をつけてしっとりさせると、美しくし上がると思います。)


逆にハード系のヘアワクッスを使ってしまうと、やり直しがきかなくなります。というのは、前述したように、ヘアワクッスは油分を多く含んでいますので、水ではなかなか落ちにくいというデメリットがあります。
朝の忙しい時間に、また髪を洗わなければいけなくなるかもしれません。
「髪のセットによって、どの種類のヘアワクッスを使用するか」というのは大事なポイントになりますので、注意しましょう。


また、最近では、束ねる時専用のヘアワクッスも販売されており、これはヘアワクッスの蓋の裏にクシがついていて、そのままヘアワクッスのついたクシで髪を整えられるという優れものです。
ただ、少々ハードな気がしますので、「絶対乱れたくない!」という時に使用された方がいいでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6121971
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック