SponsoredLink

毛先に動きをつける

今現在、整髪料は数多く販売されています。
それぞれの髪質にあったムース、スプレー。そしてヘアワックス。
私個人の意見としては、ムースは髪全体になじませ、まとめやすくするものであり、スプレーは部分的に固定させるもの。そして、ヘアワックスは動きをつけるもの、です。
ヘアワックスは油分が多い為、量を多くつけすぎてしまったり、間違った使用法をすると、やり直しが面倒であるということは、前にもお話した通りです。
しかし、「動きをつける」という面で使用する場合は、そう神経質にならなくても大丈夫かと思います。
「動きをつける」ということは、「特定の髪型に定まらない」ということも言えるからです。


まず、ヘアワックスを両手にのばし、毛先を両手で挟んで捻り込むようになじませていきます。それだけで髪はある程度固定されるものです。
そして「くせ毛風」で説明したように、中から揉むように髪を持ち上げていけば、自然な空気感が生まれます。


鏡の前でセットし、「自分のベスト」の髪を作り上げ、外出しても、そのまま一つも乱れずに一日を過ごせることはほぼ不可能でしょう。
しかし、ヘアワックスでスタイリングした髪は、いつでも自由自在に髪型を調整できます。
多少乱れても、また捻ったり、揉み上げたりするだけで、すぐに思い通りの髪型になるでしょう。
それもやはり、ヘアワックスのキープ力がいいからだと思います。


今は、髪型もファッションもオリジナリティが溢れている時代です。
しかし、どんなに髪型が斬新であっても、それをスタイリングして維持していくことは、簡単なことではありません。
「美容院では思った通りの髪型だったのに」と嘆く人も多いと思います。
そうならない為にも、私達は整髪料の使い方をもっと勉強するべきなのかもしれません。
そして、整髪料の使い方も、自分なりの「オリジナル」な使い方を見い出せることが出来たら、スタイリングがもっと楽しくなるでしょう。
この記事へのコメント
参考にさせてもらいました☆
ムースだけで形を作ろうとしても難しいですもんね♪
スタイリングはヘアワックスあってこそだと思います!もっと上手く使えたらなぁっていつも思ってます(>_<;)
また参考にさせてもらいます♪
Posted by naoto at 2007年11月02日 00:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6122197
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック