SponsoredLink

前髪についての使用法

ヘアワックスが一番使用される場所、それは前髪ではないか、と思います。
男性であれば、前髪を立てる時、女性であれば、前髪を斜めに流したい時、などなど。


前髪というのは、人の印象をがガラリと変えてしまうものです。
私自身、前髪が思うように落ち着かない時は、それだけでテンションが低くなり、外出するのも億劫になるくらいです。


そんな時、頼りになるのは、やはりヘアワックスなのです。


前髪については、ハード系をオススメしたいと思います。
前髪を立てたい時、この場合も、まずは人差し指でとれる量を、両手になじませ根元から持ち上げていきます。
この場合、手のひらでだけではなく、指の間にもなじませた方がいいでしょう。
つけすぎると、固まったままになってうまくのびないことがあるので、つけすぎには注意しましょう。


前髪がキレイにおりない時、そういう時もヘアワックスは役立ちます。
まずは前髪を水で湿らせ、ドライヤーで整えましょう。(クセをとる為です)。
次に、ハード系のヘアワックスを両方の手のひらでのばした後、前髪になじませます。その後、クシとドライヤーで整えていきます。
この場合も、つけすぎには注意が必要です。
ヘアワックスをつけすぎると、ドライヤーで整えた時に、しっとりとしてしまい、不自然な束になってしまうことがあるからです。
また、前述したように「つけすぎた」と思っても、ヘアワックスは水ではなかなか落ちませんので、後々面倒なことになります。
少量ずつとって様子を見ながら使いましょう。

毛先に動きをつける

今現在、整髪料は数多く販売されています。
それぞれの髪質にあったムース、スプレー。そしてヘアワックス。
私個人の意見としては、ムースは髪全体になじませ、まとめやすくするものであり、スプレーは部分的に固定させるもの。そして、ヘアワックスは動きをつけるもの、です。
ヘアワックスは油分が多い為、量を多くつけすぎてしまったり、間違った使用法をすると、やり直しが面倒であるということは、前にもお話した通りです。
しかし、「動きをつける」という面で使用する場合は、そう神経質にならなくても大丈夫かと思います。
「動きをつける」ということは、「特定の髪型に定まらない」ということも言えるからです。


まず、ヘアワックスを両手にのばし、毛先を両手で挟んで捻り込むようになじませていきます。それだけで髪はある程度固定されるものです。
そして「くせ毛風」で説明したように、中から揉むように髪を持ち上げていけば、自然な空気感が生まれます。


鏡の前でセットし、「自分のベスト」の髪を作り上げ、外出しても、そのまま一つも乱れずに一日を過ごせることはほぼ不可能でしょう。
しかし、ヘアワックスでスタイリングした髪は、いつでも自由自在に髪型を調整できます。
多少乱れても、また捻ったり、揉み上げたりするだけで、すぐに思い通りの髪型になるでしょう。
それもやはり、ヘアワックスのキープ力がいいからだと思います。


今は、髪型もファッションもオリジナリティが溢れている時代です。
しかし、どんなに髪型が斬新であっても、それをスタイリングして維持していくことは、簡単なことではありません。
「美容院では思った通りの髪型だったのに」と嘆く人も多いと思います。
そうならない為にも、私達は整髪料の使い方をもっと勉強するべきなのかもしれません。
そして、整髪料の使い方も、自分なりの「オリジナル」な使い方を見い出せることが出来たら、スタイリングがもっと楽しくなるでしょう。

くせ毛風にするには

女性で、くせ毛風にゆるいパーマをかけられている方がいるかと思いますが、その場合にもヘアワックスは便利です。


パーマとなると、ムースの方が合いそうな気がしますよね。
もちろん、そうです。
ムースには、それぞれのパーマに合ったたくさんの種類がありますので、それらを使った方が、美しくパーマのラインが出ると思います。


では、ヘアワックスはどのように使うのか?
「ムースを使ったから、ヘアワックスは使えない」わけではないのです。


ムースというのは、ウェーブがよほど強いパーマ用でないと、あまり持続性は無いように思います。
しかし、ヘアワックスを髪全体につけるとなると、ベタベタして触り心地もよくないし、香りもよくありません。
ですので、今回は二つとも使います。


まず、髪全体にムースをなじませ、落ち着いたところでヘアワックスをつけます。
使い方は基本と同じで、人差し指でとれる量を両手でのばし、髪の内側から揉むようにして持ち上げて行きます。
すると、内側に自然な空気感が生まれ、よりくせ毛風になるでしょう。
その際、髪の毛を少しずつとり、捻ってみるのもいいかもしれません。
捻りすぎると、部分部分だけ縦ロールになってしまうので、2、3回指に巻き付けるくらいがいいと思います。


ふわふわと風に揺れる髪は、とても女の子らしくて可愛いもの。
そんな空気感がつくれるのもヘアワックスならでは、だと思います。

ヘアワクッスの基本的な使い方

まずは、ヘアワクッスの基本的な使い方を、例を用いて説明しようと思います。


女性の場合だと、後れ毛が気になる時があるかと思います。
髪の毛ののばし中で束ねることができなかったり、後ろの方は束ねることができても、サイドが届かなかったりして。
そんな時にヘアワクッスはオススメです。


使うヘアワクッスはソフト系がいいでしょう。
まず、髪を結ぶ前に、人差し指でとれるくらいの量を、両方の手のひらでのばします。
次に、両手でサイドと後ろの方から髪を持ち上げると、キレイに仕上がります。
束ね終わった後、髪の先にもなじませてやると良いと思います。
(髪の先は、痛みがひどいとパザパサになるので、油分をつけてしっとりさせると、美しくし上がると思います。)


逆にハード系のヘアワクッスを使ってしまうと、やり直しがきかなくなります。というのは、前述したように、ヘアワクッスは油分を多く含んでいますので、水ではなかなか落ちにくいというデメリットがあります。
朝の忙しい時間に、また髪を洗わなければいけなくなるかもしれません。
「髪のセットによって、どの種類のヘアワクッスを使用するか」というのは大事なポイントになりますので、注意しましょう。


また、最近では、束ねる時専用のヘアワクッスも販売されており、これはヘアワクッスの蓋の裏にクシがついていて、そのままヘアワクッスのついたクシで髪を整えられるという優れものです。
ただ、少々ハードな気がしますので、「絶対乱れたくない!」という時に使用された方がいいでしょう。